シミの原因を知って、ケアに役立てましょう!

誰でも年齢が上がれば多かれ少なかれ男女問わずシミが出来てしまうものですが、なるべくなら出来にくくし、出来てしまったシミは消したいものです。

そこでまず何故シミができるのか、そのメカニズムを知ることが大事になってきます。

良く知られている所では紫外線の影響です。

強い紫外線が皮膚に当たるとメラニン色素を作るメラノサイトや表皮を構成するケラチノサイトの遺伝子に傷がつきます。

私たちの肌は紫外線を浴びるとメラノサイトが刺激され、メラニン色素を作り出し肌を守ろうとします。

日光を長時間浴びていると肌が黒くなるのはこの為です。

普通なら紫外線を浴びなくなればメラニン色素は作られなくなり、元の色の肌に戻ります。

しかし大量の紫外線を浴びてしまうとメラノサイトが活性化してメラニン色素が過剰に作られ、これが肌に残りシミになってしまうわけです。

若い時は肌に回復力があるため紫外線を浴びてもシミにはなりませんが、加齢により肌が老化してしまうと、それまで潜んでいた紫外線によってダメージを受けた遺伝子の傷が回復力の衰えと共に、メラニンの異常生成を引き起こしシミの原因になるのです。

それ以外では、ストレス、睡眠不足、喫煙、虫刺され、ニキビによる肌の炎症、また女性の場合女性ホルモンのバランスが乱れることも原因しています。

シミが出来ないようにする、または出来てしまったシミを少しでも薄くする対策としては、紫外線から肌を守るために日焼け止めクリームを塗ることや服装に気を付けることです。

基本はバランスのとれた食事ですが、なかなか難しいと思うので、先ずはビタミンCを積極的に摂取することを考えましょう。

特にビタミンCの中でもビタミンC誘導体(安定型ビタミンC)は従来のビタミンCより吸収率が高く、酸化を防ぐ効果(活性酸素の消去)があるので、サプリメントや化粧品を選ぶときにはビタミンC誘導体が配合されている物を選ぶとよいでしょう。

スキンケアも大事になってきます。

シミは強くこするなどの刺激によっても引き起こされます。

洗顔をするときには石鹸をよく泡立て優しくなでるように洗い、洗った後はタオルで押さえるようにふき取ります。

そして十分な保湿も忘れてはいけません。

屋外スポーツでの紫外線対策

有害な紫外線が以前より降り注いでいると聞きます。

そこで私の屋外スポーツ時の紫外線対策を以下に記します。

屋外でのスポーツで日焼けは必須で全く対策を施さないと後で酷いことになります。

日焼けは火傷でもあり最悪は皮膚癌までになることもあるようです。

屋外スポーツで全く焼けないようにするのは難しいですが、ある程度は抑えることはできます。

私が実践していることは腕や足に紫外線対応の素材を使ったアームカバー&レッグカバーを装着することやスポーツウェアは紫外線を通しやすい白は避けて黒系統のウェアを着ることである程度は日焼けを防げます。

色で自分で実験してみましたが素材が紫外線対応と書かれていなくても黒色であれば紫外線を防いでくれることを確認しました。

屋外スポーツとりわけロードバイクによる走行は3時間4時間走行するのは当たり前なので私はアームカバーやレッグカバーを装着する前に念には念を入れて日焼け止めクリームを塗るようにしています。

ただし、顔や首だけは日焼け止めは汗で流れてしまいますので首は日よけ付きのバンダナタイプのキャップを着けて防ぐようにしてます。

顔は時間が許すなら日よけ止めを塗り直すようにはしていますが完璧ではありません。

しかしながら、全く対策しないよりは効果は上がります。

自宅に帰り着いたら日焼けのアフターケアをすると肌に負担がかかりません。

冷水で冷やして日焼け後のローションを塗ると良いと思います。
私は、ニキビもできやすい肌です。

ニキビ痕が、シミのように見えてしまっています。
ですから、ニキビにもちゃんとケアしないといけません。

私は、シミにはシミウス、ニキビにはシーボディを使っています。
シミウスの口コミでも、シーボディ口コミでも評価が高かったので選びました。

大事なのはマメにケアをするということだと思います。

毎日の紫外線対策が20年後の肌に現れます。

紫外線はシミができる一番の原因だと思うので、毎日の紫外線対策は欠かせません。

私には日焼け止めを毎朝顔に塗る習慣があります。

外出する予定がなくても窓から入る紫外線で日焼けをすると聞いたことがあるので、必ず塗るようにしています。

そして外出する時は雨の日と冬以外は、日傘を差します。

特に5~6月は紫外線量が多いにもかかわらず、忘れがちなので気を付けるようにしています。

また夏の外出時はなるべく襟のある洋服を着て襟を立て襟足の日焼けを防ぐか、ストールを首に巻くようにしています。

そして腕には日焼け止めを必ず塗ります。

化粧品については「浸透活性型ビタミンCがメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」という効果のあるものを使用しています。

私はこれを20年以上使用しているせいか、小さな薄いシミは多少あるものの、目立つシミがないことに大変満足しています。

そして昨年は目から入る紫外線対策として、サングラスを購入しました。

街中でサングラスをするのがちょっと恥ずかしかったのですが、紫外線対策用の色の薄いものから始めることにしました。

今年はまた違うタイプのものにもチャレンジして同時にオシャレも楽しみながら、紫外線対策をしていこうと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする