私のシミ・紫外線対策は日焼け止めとCCクリーム

じわじわとシミが増えつつある今日このごろですが、シミの原因である紫外線を手っ取り早く防止するためには、日焼け止めが一番と考えています。

私が使っている化粧品(ファンデーション)はCCクリームで、CCクリームには日焼け止め効果も入っています。

私が使っているのはSPF30のものです。

日焼け止めにはSPFの値が目安になりますが、SPF30とSPF50を使っても、別にSPF80にはなりません。

しかし、CCクリームはあくまでもファンデーションの一旦を担っているので、厚塗りするとただのファンデーションの厚塗りになってしまうので、見た目がきれいになりません。

元が悪いのでこれ以上悪くなるのはごめんです。

そこで、CCクリームを塗る前に日焼け止めをしっかりと顔と首まで塗ります。

(首にCCクリームは塗りませんが、首のお手入れも怠っていると、将来的に顔面とのギャップが出そうで怖いので…。

)
その日焼け止めを塗った上で、CCクリームをつけています。

ちなみに日焼け止めは手、CCクリームはスポンジで塗っています。

人の化粧品等の「塗り方」には癖があるようで、塗り漏れが発生することもあるそうです。

そのため、私は手とスポンジ両方使うことで、最終的に顔全体が紫外線から保護されるように心がけています。

ダウンタイムが気にならない、シミ対策にはフォトフェイシャル

小さないころからそばかす体質で、思春期には頬から鼻の頭にかけて茶色いそばかすがたくさんありました。

二十歳を過ぎてからはシミも増え、もともと色白なので余計に目立ち、ファンデーションとコンシーラーなしでは外出できないほどに…。

どうにかしたいと美容クリニックへ駆け込み、フォトフェイシャルを受けてみることに。

1回ではなかなか効果が出ないと言われましたが、とりあえずトライアルで試してみました。

痛みはほとんどなく、ほのかに熱を感じる程度でした。

当てた直後はやや赤みがあり、特に色の濃いシミやそばかすは何となく黒く焦げたようなかさぶたになりました。

肌にダメージを与えているので、紫外線は厳禁。

私の場合は、クリニックに夜に行ったので帰りの紫外線は気にしなくても大丈夫でしたが、明るいうちに施術をする場合は必ず日焼け止めと帽子を持参しましょう。

黒く焦げた部分が、このまま濃いままだったらどうしようかと不安になりながら紫外線対策を行う日々。

一週間ほどで、次々とぽろっとシミやそばかすが剥がれていきました。

また、焦げていないそばかすの部分も肌代謝が促されたのか薄くなりました。

たった一度でこんなにも効果が出るのかと嬉しくなり、その後5回の契約をして3週間に一度通院しました。

レーザーのシミ除去ほど強くはないので、完全には消えませんでしたが、絆創膏や軟膏を塗ったりする手間やダウンタイムもなく、確実に肌色が均一になりました。

追加で5回ほど契約しようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする