絶対美白派の海やプールでの紫外線対策法

海でのマリンスポーツやプールでのウォータースライダーなど、夏は一番アクティブに過ごせる季節です。

そこで気にせずにいられないのが紫外線。

日焼けやシミだけでなく、老化も引き起こしてしまいます。

海やプールでの紫外線対策は、通常のアウトドアよりも汗や水に対する対策を行わなければならないので、ついうっかり焼けてしまったという方も多いと思います。

日焼け止めを塗っても落ちてしまうし、せっかくかわいい水着を着たのにずっとラッシュガードを羽織っているのもつまらないですよね。

そこでおすすめしたいのが、飲む日焼け止め。

朝一錠飲めば24時間効果が持続するものや、ビタミンが配合されて美肌効果があるものなど様々な種類が発売されています。

植物の成分が主体のものもありますので、特定のアレルギーがなければ4歳以上から服用できるとのこと。

日焼け止めで肌が荒れてしまったり、塗る行為を嫌がるお子様にもぴったりですね。

美容クリニックやネット通販で簡単に手に入れることが出来ます。

去年は毎週のように海や川に行っていましたが、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めのダブル使いで驚くほど焼けずに済みました。

お出かけする日にだけ飲むよりも、日常的に飲み続けることでより一層日焼けしにくくなったように思います。

今年もすでに5箱購入済みです。

将来シミだらけにならないために

現在27歳。

目の周りにポツポツあるシミがとても気になっています。

20代前半頃までは特に気にしていなかったのですが、ふと気になり始めてから現在までずっと気にしています。

私のシミ対策は、化粧をする時にまず日焼け止めを塗ってから下地をつけるようにしています。

顔の中でも高いところ(頬・鼻)は少し厚めに塗ります。

外に出る時は帽子を被り、最近は暑くなってきて腕を出すのとも増えてきたので、腕にも日焼け止めをつけます。

車に乗るときは、肘上まである手袋をして運転しています。

日中はだいたいこのような感じで過ごしています。

夜はしっかり化粧を落としたあと、化粧水で顔を整えてから更にコットンに化粧水を染み込ませて頬に5分前後ほど当てています。

その後、軽く手でパッティングしてからビタミンクリームをシミのあるところに塗り込んでから乳液をつけて完了です。

いろいろなシミに効くと思われるクリームや化粧水などを試してみましたが、あまり効果がなかったり、値段が高かったりで継続的に使えなかったものもありました。

シミのことばり気にしすぎてニキビが出来てしまったこともあったりしたので、今は肌に合う化粧水をつけて、ポイントでシミクリームをつけるようにし、日中はなるべく紫外線を浴びないよう気をつけるようにしています。

将来これ以上シミが増えないよう、今からできることをやっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする